出版物


Papers, proceedings :論文,学会発表

  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2021). 自他の意見の比較を支援するビデオアノテーションツールを用いた学びをとおして教職志望学生が得る授業スキルへの気づきの分類.日本教育工学会 2021年春季全国大会プログラム集,437-438. 2021.3.7
  • 藤木卓,小清水貴子,倉田伸(2021).共感性がVR 平和コンテンツ視聴に与える影響の国際比較.日本教育工学会論文誌,44(Suppl.),157-160. [査読あり]
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2021). Video Annotation Tools to Support Peer Review Teaching Skills Improvement for Pre-service Teachers.6th International Conference on Education – Hawaii. 49.  2021.1.6 [査読あり]
  • 中村典生, 倉田伸, 松元浩一, 鈴木章能(2020). ICTを用いたハワイ・オアフ島と五島の小学校の英語交流授業について,長崎大学教育学部紀要(教科教育学), 第60号, 141-147
  • 藤木卓, 倉田伸, 小清水貴子(2020).バーチャル原子野を用いた平和学習の実践と教育的効果, 長崎大学教育学部紀要(教育科学), 第84号, 71-84
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2020). Development of a Video Annotation System to Support Peer Review and Self-Reflection in Microteaching with Portable Mobile Devices and Verification of Teaching Skills.18th Hawaii International Conference on Education. 26.  2020.1.4 [査読あり]
  • Sotaro Mukuo,Shin Kurata,Hideki Asako(2020). Development and Practice of Personal Evaluation tools in Elementary School Morals Education Classes.18th Hawaii International Conference on Education. 37 . 2020.1.4 [査読あり]
  • Akiyoshi Suzuki, Shin Kurata, Norio Nakamura, Kōichi Matsumoto(2019) EFL in the i-City and ii-Learning Community Lab: A Class in a Cyber-Metropolitan City to Address Education Inequality Stemming from Economy and Geography. Innovation in Language Learning Conference.(in press). 2019.xx.xx [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2019). 非同期分散環境でのマイクロティーチングにおいて授業改善後の相互評価活動を支援するシステム機能の検討.日本教育工学会第35回全国大会講演論文集,27-28. 2019.9.7
  • 倉田伸,江嶋弘海(2019). 子ども同士の相互評価を支援するシステムを用いた実践と検討,第19回小学校英語教育学会北海道大会, 155. 2019.7.21 [査読あり]
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2019). A Video Annotation System to support Self-Reflection in Microteaching with Mobile Devices, International Journal for Educational Media and Technology, 13(1), 84-94. [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2019). 視覚的な動画アノテーションを用いた相互評価による協調学習を小型携帯端末上で支援するシステムの開発とその機能の検証.日本教育工学会論文誌,43(1),31-41. [査読あり]
  • 松永千茄,呉屋博,篠﨑信彦,倉田伸(2019). 少人数学級の中でリアクションフレーズを用いて相手意識をもたせるための小学校外国語活動の授業デザインと実践,長崎大学教育学部教育実践研究紀要,18,325-334.
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2019). Development of a System to Support Learning by Video Annotation on Portable Mobile Device and Verification of a Function to Support Reflection Activities.17th Hawaii International Conference on Education. 1123-1134. 2019.1.7 [査読あり]
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2018). Proposal of a System that Supports Improvement of Lectures in Lesson Study at Teacher Training University.16th International Conference for Media in Education. 64, [1-6]. 2018.8.16 [査読あり]
  • 倉田伸,江嶋弘海(2018). スモールトークでの相互評価をICTで支援する授業の実践,第18回小学校英語教育学会長崎大会,30. 2018.7.28 [査読あり]
  • Shin Kurata, Norio Nakamura, Akiyoshi Suzuki, Kōichi Matsumoto(2018). I-City, or a New Classroom for EFL in Times of Change: Its Theory and Practice. The Asian Conference on Language Learning ACLL2018. 445-451. 2018.4.29 [査読あり]
  • 野口将信,倉田伸,篠﨑信彦,呉屋博(2018). 絵本の読み聞かせを活用した外国語活動の授業実践,長崎大学教育学部教育実践研究紀要,17,293-301.
  • 瀬戸崎典夫, 吉田光里, 藤井佑介, 倉田伸(2018). 教員養成課程学生におけるICT機器操作による意識変容, 長崎大学教育学部紀要(教育科学), 第82号, 131-145
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2017). Development of Video Presentation Mutual Evaluation Support System with Portable Mobile-Devices using Drag and Drop Evaluation Function. Work-in-Progress Poster (WIPP) Proceedings of the 25rd International Conference on Computers in Education ICCE. 7-9. 2017.12.7 [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2017). 携帯型モバイル端末によるビデオプレゼンテーション相互評価支援システムの開発.日本教育工学会論文誌,41(Suppl.),201-204. [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2017). ビデオプレゼンテーションの相互評価においてカテゴライズされた評価の提示が評価活動に与える影響.日本教育工学会第33回全国大会講演論文集,519-520. 2017.9.17
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2017). Development Video Presentation Mutual Evaluation Support System with Mobile-Device and Analysis for Evaluation Activities.15th International Conference for Media in Education, [1-6]. 2017.8.3 [査読あり]
  • 倉田伸(2017). 小学校英語での相互評価を支援するシステムの開発,第17回小学校英語教育学会神戸大会,29. 2017.7.29 [査読あり]
  • Akiyoshi Suzuki, Norio Nakamura, Shin Kurata, Koichi Matsumoto(2017). Traditional Educational Limitations due to Geography & Economy Can Be Addressed by Modern Technology: “ICT” Project.Proceedings of the 11th International Multi-Conference on Society, Cybernetics and Informatics 1, pp. 50-55. 2017.X.X [査読あり]
  • 倉田伸,西田治(2017). 長崎県での離島教育の資質を備えた教員養成のための視点の分析,長崎大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,16:401-404.
  • 笹本健太,呉屋博,篠﨑信彦,倉田伸(2017). 生徒の発表を支援するひな形レイアウトを用いた中学校理科授業の検討,長崎大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,16:246-255.
  • 松永光曜,倉田伸,篠﨑信彦,呉屋博(2017). 児童の課題発見・解決活動を促す動画比較を活用した授業実践,長崎大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,16:357-367.
  • 倉田伸,中村典生,鈴木能章,松元浩一(2017). 離島・へき地における学校間交流学習の実践 -小学校外国語活動におけるICTの活用を通して-,長崎大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,16:225-229.
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2017). モバイル端末でプレゼンテーションの相互評価を実現するビデオプレゼンテーション評価システムの開発と実践,日本教育工学会研究報告集,17-1,553-556. 2017.3.4
  • 倉田伸,中村典生(2017). 小学校英語の教科化に向けた短時間学習での文字指導を支援するアプリケーションの開発とユーザビリティに関する評価.長崎大学教育学部紀要教科教育学,56号,245-254.
  • 織田芳人,藤木卓,倉田伸,瀬戸崎典夫(2016). 平和学習に利用されるメッセージ・カードのデザイン ―平和へのメッセージ記述におけるハト形カードの有効性.アジア基礎造形連合学会,17-24. [査読あり]
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2016). Developing an Online Video Presentation Evaluation System to Promote Mutual Evaluation and Survey of Operability.The 24nd International Conference on Computers in Education,404−406. 2016.11.30 [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2016). ビデオプレゼンテーション評価システムを活用した評価活動の分析,日本教育工学会研究報告集,16-4,79-82,2016.11.5
  • 笹本健太,倉田伸(2016). 生徒の発表を支援するひな形レイアウトを用いた中学校理科授業の実践の検討,日本教育工学会研究報告集,16-4,95-98. 2016.11.5
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2016). オンラインビデオプレゼンテーション評価システムのプロトタイプにおけるユーザビリティに関する評価.日本教育工学会第32回全国大会講演論文集,651-652. 2016.9.X
  • 中村典生,倉田伸(2016). 文字指導における効果的なアプリケーションの開発とその実践,第16回小学校英語教育学会宮城大会,69. 2016.7.30 [査読あり]
  • 倉田伸,笹本健太,田中秀和,鶴田浩一,松本浩二,横田亮,森浩司(2016). 自作動画を使って伝えあうオンラインジグソーシステムを用いた授業デザインと中学校への導入に関する検討,長崎大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,15:79-86
  • Shin Kurata,Takashi Fujiki,Masao Murota(2015). Practice of Cooperative Learning of Knowledge Construction Online and Learner’s Attitude.The 23nd International Conference on Computers in Education,199-201. 2015.12.X [査読あり]
  • 織田芳人,藤木卓,倉田伸,瀬戸崎典夫(2015). 平和学習で利用されるメッセージ・カードのデザイン − カードの外形と形について.アジア基礎造形連合学会2015成田大会学会誌,[1-6] . [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2015). オンラインでの知識構成型協働学習における学習者の主観評価.日本教育工学会第31回全国大会講演論文集,667-668. 2015.9.X
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2015). 教育現場での活用に対応したオンラインジグソーシステムの開発と評価.日本教育工学会研究報告集,15-3,159-166. 2015.7.4
  • 藤木卓,寺嶋浩介,小清水貴子,織田芳人,倉田伸,瀬戸崎典夫(2015). 被爆遺構の探索と振り返りを支援する総合的な平和学習のデザイン,日本教育工学会研究報告集,15-3,183−186. 2015.7.4
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2015). オンライン環境における知識構成型協働学習の実践と学習者間のインタラクション量の検討.日本教育工学会研究報告集,15-1,209-216. 2015.2.28
  • 前田拓也,田中秀明,倉田伸(2015). タブレット PC を生徒が主体的に活用する授業デザインの提案.長崎大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,14:307-314.
  • Shin Kurata (2015). Study of Possibility to Create Flash Card Materials for Reflecting on Learned Contents by Skitch during class. International Symposium of Geospatial Information Science and Urban Planning. 16:40-44. 2015.2.X
  • 倉田伸,瀬戸崎典夫,藤木卓(2014). 授業場面を撮影した静止画を利用したフラッシュ型教材の作成ツールに関する検証.日本教育工学会論文誌,38(Suppl.),129-132.  [査読あり]
  • Shin Kurata(2014). Features of Creating Flash Card Materials for Reflecting on Learned Contents.The 22nd International Conference on Computers in Education,569-571. 2014.12.X [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓,室田真男(2014). VOD型ジグソー学習のための学習環境の開発と評価.日本教育工学会第30回全国大会講演論文集,703-704. 2014.9.X
  • 藤木 卓,寺嶋 浩介,小清水 貴子,織田 芳人,倉田 伸,瀬戸崎 典夫(2014). VR技術を活用した平和学習に関する基盤的な学習環境の開発.日本産業技術教育学会第57回全国大会(熊本)論文要旨集,180. 2014.X.X
  • Shin Kurata(2014). Analysis of Tools on Creating of Flash Card Materials for Reflection to Learning Contents. International Symposium of Geospatial Information Science and Urban Planning. 16:169-173. 2014.2.X
  • 倉田伸,藤木卓(2013). 早期プログラミング教育を目指したプログラム言語.日本教育工学会第29回全国大会講演論文集,629-630. 2013.9.X
  • 倉田伸,藤木卓(2013). グループワークにおける学習者間の作業量を均等化する高等学校専門学科「情報科」でのシステム開発学習の設計と実践,日本教育工学会研究報告集,13-2,75-78. 2013
  • 藤木卓,倉田伸(2013). 高等学校専門教科「情報」におけるローカルマシンでのServer-Side Programming学習環境に関する考察.長崎大学教育学部紀要教科教育学,53号,35-42.
  • 倉田伸,藤木卓(2012). オブジェクト指向に関する内包的視点から行う学習の効果.日本教育工学会第28回全国大会講演論文集,263-264,2012.9.X
  • 藤木卓,倉田伸(2012). 専門学科情報科における生徒の実態把握とアルゴリズムの学習におけるプログラム言語の影響.長崎大学教育学部紀要教科教育学,52号,1-7.
  • 倉田伸,藤木卓,寺嶋浩介(2009). 著作権の学習における作問演習の効果.日本教育工学会論文誌,33(Suppl.), 13-16. [査読あり]
  • 倉田伸,藤木卓(2006).アルゴリズムの表記方法の違いが初心者の学習に与える影響.日本教育工学会第22回全国大会講演論文集,1019-1020. 2006.9.X
  • 藤木卓, 山下浩次, 森田裕介, 松本浩明, 里慎也, 倉田伸,山道一平,森美樹(2004). 時間解像度の違いが文字スクロールでの学習に与える影響.長崎大学教育学部紀要教科教育学,42号, 49-58.
  • 倉田伸, 藤木卓, 森田裕介(2003). 文節単位停止スクロール表示システムの開発と評価. 日本教育工学会論文誌. 27(Suppl.), 181-184. [査読あり]

Books & Magazines :本・雑誌関係

  • 倉田伸,「海外の学校とつなぐ遠隔授業 -離島と離島をつなぐ小学校英語教育のための遠隔授業 〜ii-Learning〜 -」,学習情報研究,通巻278号,42-45,ISBN:978-4-903197-93-7,2020
  • Akiyoshi Suzuki, Shin Kurata, Norio Nakamura, Kōichi Matsumoto(2020) EFL in the i-City and ii-Learning Community Lab: A Class in a Cyber-Metropolitan City to Address Education Inequality Stemming from Economy and Geographical Location. Japan : ichiryu press.
  • 倉田伸,「学びがリンクし深化する―遠隔合同授業の可能性―(6)最近の実践例(1)離島の学校を結ぶ」,教育新聞, https://www.kyobun.co.jp/management/m20180913/ ,2018
  • 倉田伸,「ICT機器の導入時に行う教員研修とICT活用指導力」,学習情報研究,通巻251号,34-35,ISBN:4903197662,2016
  • 倉田伸,「擬似手続き型プログラミング言語の実行環境を利用した授業」,教育ながさき,第57巻第676号,26-29,2007