2018

  • 松永千茄
    • [title]相手意識をもったコミュニケーション活動をとり入れた小学校外国語活動の実践
    • [abstract]本研究の目的は、小規模学級において相手意識を育むためのコミュニケーション活動の 提案である。そこで、小学校外国語活動において、相手の話に理解を示す反応をしたり、 相手の話をうまく引き出そうと反応したりしながら相手意識をもつことができる授業を目 指し、改善を繰り返しながら授業実践を行なった。実習1では、少人数学級の課題把握を 行いながら、外国語活動でのコミュニケーションタイムの観察及び実践を行なった。実習 2では、聞き手が、自分が理解できているかを示すことができるような実践を行なった。 実習3では、Reaction Phrase を用いて聞き手の反応に着目した実践を行なった。実習4 では、実態調査を踏まえて、Reaction Phrase を精選・整理し、相手意識をもったコミュ ニケーション活動を取り入れた実践を行なった。その結果、「場面・状況」が設定された 言語活動における、コミュニケーション活動を通して、相手の話に理解を示す反応をした り、相手の話をうまく引き出す反応をしたりするなどの様子が見られるようになり、児童 の相手意識をもつ態度が深まったと考えられる。
    • [keyword] 小学校外国語活動 相手意識 コミュニケーション活動 ReactionPhrase

  • 江島嵩瑛
    • [title]小学校プログラミング教育の授業企画を目指した 高等教育のための学習デザインの開発と実践
    • [abstract]本研究の目的は,小学校授業におけるプログラミング教育の実践を目指した大学 での学習デザインを開発し実践することである.そのために,長崎大学教職大学院生 16 名を対 象に実践し,アンケート調査を行った.その結果、今回提案した学習デザインは,小学校プログ ラミング教育における題材案を持つことができるということが示された.しかし,本学習デザイ ンの受講により、新たな懸念材料が生まれることも明らかとなった.
    • [keyword] 小学校授業 プログラミング教育 WeDo2.0 学習デザイン

  • 小川祐輝
    • [title]視覚的・聴覚的な効果を取り入れた反転学習用ビデオ教材の簡易作成を支援するガイドブックの開発
    • [abstract]本研究の目的は,視覚的・聴覚的な効果を取り入れた反転学習用のビデオ教材 作成を支援するガイドブック(以下,ガイドブック)を開発することである.そのための手段とし て,ビデオ教材の撮影時に生じる失敗を解消したり,視覚的・聴覚的にわかりやすくなるようなビ デオ教材に仕上げたりするための動画編集の方法を記載したガイドブックを開発した.その後, 開発したガイドブックの評価(以下,調査)を行った.調査では,教員養成課程の大学生を対象に, ガイドブックに対する自由記述によるアンケート調査を実施した.その結果,今回開発したガイ ドブックは,明白であり,使用してみたい等の肯定的な結果をえることができたため,簡易作成を 支援するガイドブックになったと示唆された.
    • [keyword]  反転学習 ビデオ教材 動画教材作成方法 ガイドブック

  • 金子昌弘
    • [title]教員養成課程の大学生における情報活用能力育成のための指導力に関する調査と分析
    • [abstract]本研究の目的は,教員養成課程の大学生における情報活用能力育成のための 指導力に関する実態を示すことである.そのための手段として,情報活用能力の 3 観点 8 要 素に焦点を当てたアンケートを作成し,教員養成課程の大学生を対象に実践をした.その結 果,情報活用能力の活用・理解,情報活用能力を育成する指導の両方で主に「情報社会に参 画す態度」の分野に対する大学生の自信が最も高く,次いで「情報活用の実践力」の分野, そして「情報の科学的な理解」の分野に対する大学生の自信が最も低いことが示された.
    • [keyword]  情報活用能力 大学生 実態調査 アンケート 教員養成課程

  • 高鍋紗智子
    • [title]小学校の複式学級においてユニバーサルデザインによる教室環境づくりを支援する若手教員のためのガイドブックの開発
    • [abstract]本研究の目的は,ユニバーサルデザインによる,複式学級の教室環境づくり を支援するためのガイドブックを開発することである.そのためにまず,複式学級の担任経 験のある現職教員と,複式支援員にインタビュー(以下,事前調査)を実施した.そして,ガイ ドブック「すぐに実践できる,複式学級におけるユニバーサルデザイン教育スタートブック ~教室環境編~」を開発し,大学生が教員になった際すぐにでも実践できるか評価(以下,調 査)を行った.事前調査であるインタビューを実施する前に,いくつかの自治体のユニバーサ ルデザイン教育のガイドブックを整理して,質問項目を「掲示物」「聴覚刺激」「座席」の3つ に限定した.事前調査では,複式学級でユニバーサルデザインを実施するにあたって困難な 点と工夫した点について,結果が得られた.この結果をもとにしてガイドブックを開発し,質 問紙によるアンケート調査を行った.その結果,このガイドブックは教員 1 年目でも実践で きそうであり,ユニバーサルデザインによる複式学級の教室環境づくりを支援できるもので あると示唆された.
    • [keyword]  ユニバーサルデザイン 複式学級 教室環境 ガイドブック

  • 田川佑弥
    • [title]教師と児童の活動を振り返るための全天球カメラを用いたマイクロティーチングのデザインと実践
    • [abstract]本研究の目的は,全天球カメラで撮影した動画を省察時に活用する教師と児童 の活動を振り返るためのマイクロティーチングをデザインすることである.そのために,デザ インしたマイクロティーチングの実践を行い評価した.評価方法は,実践に参加した教員養成 課程の大学生および大学院生 19 名を対象に質問紙によるアンケート調査を行った.その結 果,マイクロティーチングの活動においては肯定的な意見が多く見られた.一方,全天球カメ ラの活用に関する面では肯定的意見と否定的意見の両方が得られ,より全天球カメラの持つ利 点と授業省察という活動を相互に活かす工夫が必要であることが示された。
    • [keyword]全天球カメラ 授業省察 模擬授業 マイクロティーチング 

  • 徳永瞳
    • [title]小学校低学年児童を対象とした ネット依存予防のための家庭教育用紙芝居型教材の開発
    • [abstract]本研究の目的は, 小学校低学年児童を対象としたネット依存予防のための教材 開発を行うことである.その手段として,まず,児童がネット依存を自分事として捉え,ネット依 存にならないように気をつけようとする意識付けを行うことをねらいとした紙芝居型教材を開 発した.そして,5名の小学校低学年児童保護者の方に,お子さんに向けて実際に使用してもら い,その後,アンケート調査を行った.アンケートの結果, 本教材はネット依存状態の表現の仕 方に関しては,まだ改善の余地が見受けられたものの,家庭で使いやすい教材であり,ネット依 存予防のきっかけとなるものであるという事が示唆された.これらの意見を基に,最後に,本教 材の改良を行った.
    • [keyword] ネット依存 小学校低学年 家庭教育 紙芝居

  • 西田鈴香
    • [title]児童の授業視聴中のノートテイキングを支援する反転授業用ビデオ教材作成ワークショップの実践
    • [abstract]本研究の目的は,教員養成課程の大学生のためのノートテイキングを支援する 反転授業用動画作成のワークショップを実践することである.そのための手段として,ノートテ イキングを支援する反転授業用動画作成ワークショップをデザインした.その後,教員養成課程 の大学生 8 人を対象にワークショップを実践し,ノートテイキングを支援する反転授業用動画 が作成できたかを検討した.ワークショップを受けた学生に質問紙と自由記述によるアンケート 調査を行った結果.ノートテイキング,ワークショップに関する全項目において,肯定意見が多い 傾向が得られた.またアンケートの自由記述においては肯定意見以外に,今後の課題となる意見 も得られた.そのため,本研究では教員養成課程の大学生が子どもにノートテイキングを支援で きる反転授業用ビデオ教材の作成を行うことができた.
    • [keyword] 反転授業 授業用動画 ノートテイキング ワークショップ

  • 雪野咲良
    • [title]小学校外国語活動でのICT活用に関する実践例の効果と課題の分析
    • [abstract]本研究は、小学校外国語活動でのICT活用における実践例をあげ、その効果と課題について分析することを目的とした。研究方法は、iTunes Uにアップロードされている大阪教育大学附属平野小学校の外国語活動を3つ取り上げ、外国語活動に効果的なアプリケーションをまとめ、どのような学習方法に適しているか分類を行った。小学校外国語活動でICTを活用することにより、児童の「興味・関心・意欲」が高まり、授業を主体的に受けることができ、児童自身の成長を気づきやすくすることがわかった。さらに、教員が評価しやすくなり、負担を軽減することもできるとわかった。一方で、課題としては、ICTを活用指導力がまだ教員に足りていないことと、ICTを活用する上での環境設備が整っていないことがわかった。
    • [keyword] ICT,小学校外国語活動,効果,課題